FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

<絵本と大判焼 トロフィー> 

ありそうでなかった鉄板の組み合わせ。絵本と大判焼のお店。ほっこりした時間をどうぞ。

だいすきな絵本屋さん 

pu-ojisan.jpg


僕の大好きな絵本屋さん。
静岡の「百町森」は絵本とおもちゃのお店。

このお店には
「プレイオン」という有料の遊びルームがあります。
そこで目を見張るのがおままごとセット。
部屋の中にはちいさな2階建ての家があり、
その1階部分のキッチンが
アイテムもたくさんあり、ものすごい充実ぶり。

これには我が家の子供たちも大喜びで
もうかれこれ7,8年通っています。

下の子は
「ディズニーランドよりも百町森のキッチンが好き」
なんて言っているほどです。

そんなわけで今年もGWになり
「百町森行きたい!」ということで行ってきました。

長い道のりを経てお店に着くと
プレイオンのキッチンへ直行。
さっそくおままごと開始。
いろんな料理をつくり
赤ちゃんのお世話をして
僕たちもお呼ばれして料理をごちそうになりました。

そんなこんなで2時間ほど
おままごと以外にも
ゲームをしたりブロックで車を作ったり
プレイオンでみっちり遊び大満足で
百町森をあとにしました。


帰りの車内で
「プレイオンのキッチンも前はおもしろくて
仕方がなかったけどちょっと飽きてきたな」と
上の子が一言。

もちろん十分楽しんではいたようですが
小学校高学年にも
なるとやはり今までとは違ってくるのでしょう。

「そうか」なんてちょっと話をしていると
子供たちは言葉少なになり
寝てしまったようでした。

そんな気配を感じながら
僕は「もうそろそろ百町森へ来ることもなくなるのかな」と
一抹のさみしさを感じていました。

子供たちは確実に大きくなっていき
そろそろ今までとは違う段階に差し掛かって
来ているのかもしれません。

思えばまだまだ子供たちが本当に小さくて
下の子は生まれたころから
ミルクをあげながら静岡を目指したものでした。

そんなことを思い出していると
突然熱いものがこみ上げてきて
涙が視界を遮りました・・・

おっと!
そんなことはありません。
そこは高速道路、そんなことをしたら
本当に来年、百町森に行けなくなってしまいます。

でも眠気覚ましがてら
あの百町森の狭い家の中で
くっつきながらおままごとのご飯を食べた
親密の時間を思い出しながら
今までの静岡行の中で一番きれいに見える富士山に向かって
東名高速を東に向かって走り続けました。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2014/01/11 Sat. 18:09 [edit]

category: 絵本紹介

TB: 0    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://trophybooks.jp/tb.php/20-74552240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list