09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

<絵本と大判焼 トロフィー> 

ありそうでなかった鉄板の組み合わせ。絵本と大判焼のお店。ほっこりした時間をどうぞ。

つめたい大判焼 「ペンギン」 好評発売中!!

大判焼メニュー

お電話でのご注文、ご予約承ります ☎042-555-5320

PR 広告











2020年10月 トロフィーカレンダー 【営業日のお知らせ】 

202010.png

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/09/27 Sun. 13:54 [edit]

category: カレンダー

TB: 0    CM: 0

27

絵本 読み聞かせ おすすめ 【巨大空港 羽田空港 飛行機しゅっぱつ! 】 がんばれ!トリトンブルーの翼 



巨大空港 (福音館の科学シリーズ)



たんけん絵本 羽田空港: 飛行機・働く車&人・旅・パノラマページつき!



飛行機しゅっぱつ! (ランドセルブックス)



ANAの本。: 舞台裏を覗けば、もっと好きになる!


コロナ渦で

航空業界へ影響が及んでいます。

そんな中ANAが大型機を

半減させるという

ニュースを目にしました。

いま大変な時期ではありますが

ともにはたらくヒコーキを手放すのは

苦渋の決断

だったのではないでしょうか。


あのトリトンブルー

かっこいいヒコーキが

全速力で滑走路をけって

力いっぱい

大空へ飛びたっていく姿は

ヒコーキ好きはもちろん

そうでない人も

つい見入ってしまうほど

強烈にひとを引き付ける

魅力にあふれています。

ana1.jpg

そのヒコーキを安全に飛ばすために

さまざまな人たちが

「チームスピリット」で

安全で安心な運航を支えています。

その仕事ぶりは

ANAのヒコーキが登場する

絵本でもよくわかります。


ぼくもかつてANAグループ会社で

社会人としてスタートしました。

トリトンブルーにかこまれて

ヒコーキのまわりをかけまわった

その経験はいまでも

ぼくの誇りであり感謝でいっぱいです。


ちかい将来

たくさんのトリトンブルーの翼が

大空へひっきりなしに

飛びたっていくときが

必ずくると信じています。

いまは大変な時期ですが

コロナに負けずがんばって

くれることを願っています。


それまでヒコーキにのる機会を

うかがいつつ

絵本をひらいて

エールを送りたいと思います。







にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/10/21 Wed. 21:42 [edit]

category: 絵本式生活

TB: 0    CM: 0

21

きむらゆういちさん講演会 11月7日(土) 16:00~ 【クレヨンハウス 子どもの本の学校】 

きむらゆういち4

詳しくはクレヨンハウスホームページへ

Posted on 2020/10/20 Tue. 21:31 [edit]

category: 絵本原画展情報

TB: 0    CM: 0

20

絵本 読み聞かせ おすすめ 荒井良二 【こどもたちはまっている】 絵本からのここちいいノイズ。 



こどもたちは まっている (亜紀書房えほんシリーズ〈あき箱〉3)


先週の土曜日

「クレヨンハウス 子どもの本の学校」 

荒井良二さんの講演会に

Zoomで参加させていただきました。


荒井良二さんはラジオ好きで

聞くのも出演してしゃべるのも

だいすきなのだそうです。

「BGMとしてラジオが

ながれているのがいい」

「ノイズがすき」

「ノイズを絵本の中に描きたい」と

おはなししてくれました。

こどもたちはまっている1

講演会がおわったあと

さっそく「こどもたちはまっている」を

ひらいてみました。


やはり荒井良二さんの絵本をひらくと

スーと絵の世界にひきこまれます。

ぼくにとってそれはいつまでも

みていたいというような感覚なのですが

何かにくぎ付けになるような

感じではありません。


いつまでもみていたい感覚

それは

今回荒井良二さんがおっしゃっていた

絵本の中からのノイズ、

ここちいいノイズなのかなと感じました。

こどもたちはまっている2

そんなここちいいノイズにつつまれ

「ぼくの絵本は子ども向けというより

ちょっと引いてみているなあと

おもっている」

「今の子ども、前の子ども、

むかしの子ども、人間すべてに

向けて絵本を描いている」という

荒井良二さんのことばを感じます。

こどもたちはまっている3

「こどもたちはまっている」


そういえば

おとなになったぼくは

「まってないな~」と

子どものころは確かに

夏のあつい日ざしも、冬の日の雪も

道の向こうからやってくる

爆音をとどろかせるくるまも

まっていました。


ぼくもまたあのころのように

絵本のなかの

ここちいいノイズにつつまれながら

まってみよう

きっとそのさきに

いいものがまっているのに

ちがいありません。









にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/10/18 Sun. 22:15 [edit]

category: 絵本式生活

TB: 0    CM: 0

18

【新刊絵本】 もうすぐ出る本 最近出た本 町田尚子 川端誠 長新太 神沢利子 ふくざわゆみこ 五味太郎  



ねこは るすばん





十二支のお雑煮




はねるのだいすき



フェルトをめくると… (2) クリスマス いないいないばあ!



もみのき そのみを かざりなさい




ぎょうれつのできるスパゲッティやさん







にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/10/17 Sat. 22:17 [edit]

category: 新刊絵本案内

TB: 0    CM: 0

17

西村繁男さん 絵本原画展のお知らせ 【やこうれっしゃ】 国立 ビブリオ 

yakouressya.jpg


西村繁男絵本原画展「やこうれっしゃ」 

期間  11月5日(木)~11月15日(日) 

     水曜(11/11)定休  

開廊時間   11時~19時 

入場無料

会場   

国立駅前・ギャラリービブリオ 

〒186-0004 国立市中1-10-38   

電話  042-511-4368 





やこうれっしゃ (こどものとも傑作集)





にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ









Posted on 2020/10/16 Fri. 21:09 [edit]

category: 絵本原画展情報

TB: 0    CM: 0

16

絵本 よみきかせ おすすめ 飯野和好 【火 あやかし】 キャンプのあやかし 



火 あやかし


ただいま世の中キャンプブームだそうで

キャンプ場はどこも混雑していて

しまいには山まで

買っちゃう人もいるそうです。


じつはぼくもキャンプ好きで

今はいってませんが

よくザックを担ぎ

キャンプをしていました。

キャンプスタイルは

アウトドアインドア系。

ソロテントにもぐりこみ

ジッパーをしめきり

ひたすら読書三昧が超しあわせでした。


そんな読書にも疲れ

ひと眠りして

ジッパーをあけると

辺りはくらやみがせまり

ひるまの解放感からいっきに

漆黒の世界に

閉じ込められたよう感じます。


とくに山間の木に覆われたキャンプ場だと

明るいうちはなんともいい雰囲気

なのですが

夜になると木があたりの暗さを

さらに深め

怖がりでもあるぼくは

これはやばいなとビビりモードに。


だからぼくはこの絵本の

漆黒の怖さを身に沁みて

想像することができ

おはなしにひきこまれます。


幸いにもぼくは

出会うことは

ありませんでしたが

あの漆黒のキャンプ場の

闇の中には

あやかしが「ぬわぬわ」と

跋扈していたのかもしれません。


あの暗闇を経験して以来

ぼくのキャンプ場選びの条件は

空がひらけているところを

基準にえらんでいます。

空が見えると夜でも明るさが

全然違い怖さもなくなります。


そんな怖がりのぼくが

この絵本を好きな理由ひとつが

くらやみのなか火がゆらぎ

怪しさがゆらゆらと

増すなかでもおびえることなく

りりしい主人公の兄弟の

かっこよさにめらめらと

ひきつけられるからなのです。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ













こちらもおすすめ



はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)




絲的サバイバル (講談社文庫)

Posted on 2020/10/14 Wed. 22:33 [edit]

category: 絵本式生活

TB: 0    CM: 0

14

【新刊絵本】 もうすぐ出る本 最近出た本 あべ弘士 梨木香歩 ひげラク商店 長尾玲子 高山なおみ なかざわくみこ 鈴木亮平 沢野ひとし 椎名誠 稲田豊史 



カレー地獄旅行



氷上カーニバル




サンタさん (日本傑作絵本シリーズ)




みそしるをつくる



まんぷくよこちょう



炉辺の風おと



『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く





行った気になる世界遺産



ジジイの片づけ



続 家族のあしあと









にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/10/12 Mon. 21:09 [edit]

category: 新刊絵本案内

TB: 0    CM: 0

12

絵本 読み聞かせ おすすめ 【せとうちたいこさん ふじさんのぼりタイ】 ふじさんとたいこさんがさらにすきになります。。 



せとうちたいこさん ふじさんのぼりタイ (せとうちたいこさんシリーズ)


『めでタイ! せとうちたいこさんシリーズ 25周年』
~やっぱり家族いっしょがいいね~ (出版社)

たいこさんの新作はふじさん。

「たいこさんの すむ うみから

ふじさんが とっても

きれいに みえます」

たいこさんのおすまいは

三保の松原、それとも神奈川沖?

いずれにしても

むかしからふじさんの絶景が

拝める場所ですので

たいこさんが

ふじさんに魅了されるのも

当然です。


そして

「なんでもやってみたいたいこさん」

「ふじさんとおともだちになりたーい」

とふじさんの頂上をめざします。


ふじさんとたいのめでたいコンビ

やはりそこに描かれる

風景は実にめでたく

ご来光に照らされる

ふじさんとたいこさんの

神々しさは日本人のこころに

ビシビシと響くことでしょう。


ぼくもふじさんに

一度のぼったことがあります。

20年近く前、今では考えられない

ご来光もへったくりもない

5時登山開始19時下山完了の

弾丸日帰り登山。


ようやく八合目に到着し

あともう一息だとすぐそこに見える

頂上を眺めたそのとき

人が豆粒のように

とりついているのが見え

これから先の険しさに

愕然として

ぼくは膝からくずれ落ち

ふじさんのすごさを

思い知らされたのでした。


そんな息も絶え絶えに

登ったふじさん

もう人生で登ることはないだろうと

決めていましたが

だいすきなたいこさんが

登ったとあれば

ちょっと登ってもいいかなと

思ってしまいました。

たいこさんが見たご来光を

ぼくも見てみたくなりました。












にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/10/11 Sun. 22:43 [edit]

category: 絵本式生活

TB: 0    CM: 0

11

絵本 読み聞かせ おすすめ きたむらさとし【スマイルショップ】  



スマイルショップ

「ぼくのはじめてのかいもの」

少年はなにを買おうかと

ひとがたくさん行きかう

にぎやかなまちで

おいしそうなアップルパイや

おもしろそうな本に

おもちゃや楽器にぼうしと

みてまわります。


ぼくはきたむらさとしさんの

外国のまちかどを旅しているような

きもちになる絵に

物欲を刺激され

高揚感につつまれます。

そしていつのまにか

なにを買おうかと品定めをはじめ

少年とともかいものをたのしみます。



でもいつもお金があって

すきなものが買えるわけではありません。

そんなときはたのしいおはなしでもして

「スマイルの交換」。

かいものもたのしいけど

こっちのほうもたのしいのです。











にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/10/09 Fri. 22:45 [edit]

category: 絵本式生活

TB: 0    CM: 0

09