06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

<絵本と大判焼 トロフィー> 

ありそうでなかった鉄板の組み合わせ。絵本と大判焼のお店。ほっこりした時間をどうぞ。

つめたい大判焼 「ペンギン」 好評発売中!!

大判焼メニュー

お電話でのご注文、ご予約承ります ☎042-555-5320

PR











【はちうえはぼくにまかせて】 少年よ、いいしごとしてるぜ。 



はちうえはぼくにまかせて (世界こども図書館A)

ぼくはこどものころ

たいくつだったおもいで。


日曜日のひるすぎ

おもしろいテレビもなく

ひまをもてあまして

家のまえの空き地を自転車で

ふらふら。

そのとき電線にとまる

「ぽぽっぽー、ぽぽっぽー」

というはとの鳴き声が

たいくつなけだるさに

さらに拍車をかけるのでした。


そんなとき

こんな絵本をよんだら

わくわく

しただろうなとおもいます。



「はちうえはぼくにまかせて」のトミーは

おとうさんの仕事が忙しくて

なつやすみにどこへも連れていって

もらえないかわりに

「なんでもすきなことをやっていいって」

いわれて

なつやすみに旅行へいく近所のひとの

はちうえを預かる「しごと」を

はじめます。



それは

はちうえの世話がじょうずな

トミーがおもいついた

とてもわくわくすることだったのでしょう。


はちうえを

いっしょうけんめいに

世話していると

どんどん大きくなっていきます。


そのときトミーは

単純によろこんでいたのではなく

大きくなりすぎることを

心配していたのでしょう

大きくなりすぎたはちうえが

家をこわす夢をみます。


そこで

植物の本を

かたっぱしから開いて

伸びすぎた枝を

切る方法を学び

切り落とした枝も

挿し木する方法も

知ります。


そして

預かった時よりも

すてきにして

旅行から帰ってきた

近所の人にかえして

お金をもらいます。

挿し木のちいさなはちうえは

こどもたちにあげて

おおよろこびされます。


こんなふうに

トミーが体験した

「ひとによろこんでもらってうれしかった」

「問題をみつけて解決した」

ことはずっと記憶に残ります。

そして

将来、しごとのことを

考える時

かならず自分の軸になり

じぶんが進む方向を

示してくれることになります。



たいくつな時間を

たのしい時間にすることは

いまの世の中では

たくさんあります。


ぼくなんかすぐに

スマホで犬の動画とか

見ちゃいますが・・・


なんとか自分の力で

解決してみようと行動することが

大事だと

この絵本のトミーが

教えてくれていると思います。



Posted on 2020/07/01 Wed. 23:27 [edit]

category: はたらく

TB: 0    CM: 0

01