06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

<絵本と大判焼 トロフィー> 

ありそうでなかった鉄板の組み合わせ。絵本と大判焼のお店。ほっこりした時間をどうぞ。

つめたい大判焼 「ペンギン」 好評発売中!!

大判焼メニュー

お電話でのご注文、ご予約承ります ☎042-555-5320

PR











「しろくまちゃんぱんかいに」  買ってほしい気持ちの共感 

shirokumacyanpankaini.jpg

しろくまちゃんぱんかいに

ちいさなこどもの身近な

生活の1コマを描く

こぐまちゃんシリーズは

おやこで読むにはもってこいです。


「しろくまちゃんぱんかいに」も

こどもたちとよくよみました。


その当時はあまり

意識していなかったのですが

この絵本は「共感」のたいせつさを

教えてくれていたんだなと思います。


それはぼくがなぜか

カウンセラーの勉強をはじめたことで

あらためて感じたことでした。


おかあさんといっしょに

おつかいにいったしろくまちゃん。

そこでおおきなケーキがうっていて

ほしくなってしまいます。

そこでおかあさんに

「かって、かって」とねだります。

さすがにこんなおおおきなケーキを

買ってあげることは

できません

するとしろくまちゃんは

「おかあさんのけちんぼ」と

べそをかきます。

このあいだにどんなやりとりが

あったかは書かれていません。

ぼくは

おおきなケーキをほしがる

しろくまちゃんをいとしく思いました。

そしてこどもがなにか欲しく

なったときにはできれば

それをかなえてあげたいと

思うきもちがあります。

ぼくはおっさんのわりに買い物が

すきなほうで

ほしいものが買えたときは

やっぱりうれしいです。

もちろんこどもだって

おなじかそれ以上

ほしいものが買えたときは

うれしいにきまっています。


だからぼくはこどもと

買い物にいったときは

買ってあげられる範囲で

こどもがほしいといったものを

買ってあげました。

でもすくないおこづかいですから

買ってあげられないこともありました。

ていうか買ってあげられない

ことのほうが

多かったかもしれません。

そういうときも

子供の買いたいという

きもちを大事にして

そのものに興味を示して

よく見たり

説明してもらったりしました。

まあそうすると

一瞬買ってもらえるのかと

期待させてしまったりするのですが

きょうはお金がないから買えないよとか

これはたかいから

すぐには買えないねとか

言ってガクンと

させてしまうわけなんですが

それでもけっこう

納得してくれたと思います。

それはときどきはほんとうに

買ってあげるという実績と

ほしいというきもちに共感するという

結果であったのではないかと

今では思うようになっています。

まあこどもが聞き分けのいい子であった

だけの可能性もありますが・・・


ぼくはこんなふうに思おうと

しろくまちゃんのおかあさんは

こどもの思いをかなえてあげらねい

少しさびしそうな顔を

しているようにみえます。


つぎは買い物がえりに公園によって

だいすきなすべりだいをする場面です。

楽しそうにあそぶしろくまちゃんに

おかあさんは

「あとさんかいすべったらかえるのよ」

といいます。

かいものがおわり

おうちに帰りたいというきもちもあると

思いますがおかあさんは

公園であそばせてくれます。

そしてかえるときも

あと三回と心の準備をさせ

しろくまちゃんが納得できるように

させていると思います。

それもやっぱりたのしい気持ちを

たいせつにしたい

という共感ではないかと思います。

しろくまちゃんのおかあさんは

おおきなこころで

しろくまちゃんを

うけとめているのだと思います。


大きくなったこどもがほしいものには

もはやなかなかおこづかいで

対応するのは

むずかしくなってきていますが

ほしいというきもちへの共感だけは

忘れずにいようと思います。





でも「いいから買って」

言われるような気もするけど・・・





にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


Posted on 2020/06/04 Thu. 23:00 [edit]

category: 絵本紹介

TB: 0    CM: 0

04

だがしかし ✕ プロカウンセラーの聞く技術 「だがしかしはすばらしい」 

だがしかし2

だがしかし



プロカウンセラーの聞く技術


「人は聞き上手になりたい」

しゃべることよりも

聞くことの大切さが

世間一般では強調されています。

その証拠に人は

「しゃべりすぎた」という反省は

よくするけど

「聞きすぎた」という反省は

ほとんどしない。


人間関係は相互理解から

成り立っています。

人は真実の人間関係

嘘のない人間関係

信頼のできる人間関係をもちたいと

つねづね思っています。

そのためには、

相手の話を聞くことが

必要になってきます。

聞くといっても、

ただ漫然と耳に入れるのではなく

相手を理解することが大切と

おおよそそこの本には

このようなことが書いてあります。



目次には「聞く技術」が

短い言葉で並びます。

その中からすこし技術をえらんで紹介します。



「相手のはなしに興味をもつ」


自分の気持ちや感情によって

相手の話を聞くことは

共感ではない。

共感とは、

相手の気持ちで話を聞くこと

自分の気持ちで聞くと

どこかで相手の気持ちとズレが生じる


素直に聞くのが極意


素直に聞けないのは

自分の感情が相手のそれに混合してしまうから

相手の意見は、相手の意見であり

自分の意見ではない


話し手の波に乗る


あなた自身、誰かに話をしていて

「でも」とか「しかし」とか言われると

聞いてもらっている感じが半減し

反対されているように感じると思います。

だから相手の話を聞くときは

流れに逆らわずに

逆説の接続詞を言わないこと。

反対の意見を言いたいときも

どうして相手はそのように思うか

その話をしたいかを考えてみる。



このように聞くことができたら

すばらしい聞き上手の人になれる。


この聞き上手ということ

自分自身を振り返ってみると

つい「いや、でも」なんて

言ってしまうことって

心当たりありまくりです。



そしてもっとすごい心当たりが・・・


それが「だがしかし」です。


だがさんとしかしさん

おじさん二人がなかよくたびにでるのですが・・・

ゆく先々で

「だが」 「しかし」と

お互いの言うことを否定しまくります。

そして最後はとうとう怒り出して

けんかになってしまいます。


聞く技術がまるでできていない

だがさんとしかしさん

まるでだめです。

聞く技術をもっと勉強しなくては。


だがしかし・・・

「これはわらえる。アハハハハ」

と突然相手の言うことを

認めはじめるふたり。

それからは空から

景気よくダルマがふりだし

おばけラクダにまたがり

なかよく温泉へとたのしい旅になりました。

いったいふたりに何が・・・


人間関係は相互理解から成り立っている

だから相手の話を否定しないで聞く

「だが」とか「しかし」とかの

否定的なことは言わない

だがしかし

否定したことをまた否定できる言葉も

だがしかし。

聞く技術を意識をしても

ときには言ってしまうことは

あると思います。

そんなときはもう一度

だがしかしって言えばいいんです。

そうすれば、

「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、

ヨイ、ヨイ、ヨイ」と

すべてがうまくまわりだす!?

だがしかし

いい言葉です。

よかったらときどき絵本をひらいて

「聞く技術」の習得に励みませんか。








にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/06/02 Tue. 00:39 [edit]

category: 絵本紹介

TB: 0    CM: 0

02

こんやはどんなゆめをみる? 




「こんやはどんなゆめをみる?」


ぼくは夢でときどき仕事が全然捗らなかったり
いつまでも数が合わないとか
まあ疲れる夢を見ることが
ごくまれにあります。

こういう夢をしょっちゅう見るようだと
かなりまずいと思われますので

気を付けなくてはいけません。

あと、いい夢をみることもあるのですが
うーん楽しい!

なんて思うとすぐに目覚ましがなって
もうおきる時間なんてことがよくあります。

夢は起きる直前に見るというようなことを
聞いたことがありますが
あれももうちょっと考えてほしいもので

もうちょっと余韻が欲しいなと思います。


その点、この絵本のこぶたたちは
なんてすばらしいのでしょう。

絵本をひらくとそこには
こぶたたちの幸せが満ちあふれ
そして夢に満ちています。

おはなしはねる前のひと時から始まります。

家族みんなでリビングでのくつろぎの時間をすごし
そろそろねるじかん

「こんやはどんなゆめをみる?」

「そうだな・・・こういうのはどう?」と

それぞれのこぶたがみたい夢が
開かれたページいっぱいに描かれ

おはなしはつづいていきます。

いろいろなふせんをめぐらせ
描かれる絵をさがしながら見るのは
もちろんたのしいのですが

描かれた夢のものがたりを自分でつむいでみるのも
楽しそうかなと思い

さっそくチャレンジしてみましたが
おっさんがひとり絵本を見て
ものがたりをつむぐには少々無理があるようで
たいしたおはなしも浮かばず
しずかに夢ごごちで眺めるにとどめました。

でもここはぜひ
若いお父さんお母さんにこどもたちと
いっしょにたのしい夢のものがたりを
つむいでたのしんでほしいなとおもいました。

そして裏表紙には
こどもたちが
たのしい夢を見ているその時
リビングでくつろくふたり。
つくづくしあわせに満ちあふれた絵本でした。





にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/05/31 Sun. 23:15 [edit]

category: 絵本紹介

TB: 0    CM: 0

31

おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん 

ojiicyann.jpg

「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」を
ひいひい言いながら子どもと読みました。

息も絶え絶えになりながら優に1万年を超えおじいちゃんが猿になってしまうほどの彼方に到着したとき
僕は「あっ土器捨てちゃった」と大変なことを仕でかしてしまった思うと同時に
「あ~やっちゃったよ」と後悔を色濃く滲ませ
布団に倒れ込みしばらく起き上がれなくなってしまいました。

そんな父親の意味不明の行動を横で聞いていた子どもたちは
「どうしたの?」と少々引き気味なりつつ不思議がっているので訳を話します。

「パパが子どもの頃、じいじの田舎の裏山でよく土器掘りを
やってたくさんの縄文土器を見つけたんだよ」

「それを家に持って帰ってきてずっと押し入れにしまっていたけど
いつだったか全部捨てちゃったんだよね」

「もしかしてそれって、パパとか君たちの”ひいひいひい・・・じいちゃんが使っていた
土器だったかもしれなかったんじゃない」

と悔しさを滲ませ子どもたちに話しました。

そうすると最近学校で歴史を勉強し始めた長女はもちろん
歴史の事は知らない二女もこのひいひい言ってるすばらしい絵本のおかげで
すぐに事態を飲み込むと同時にことの重大さに気づき

「パパ、なんてことをしてくれたの!」
と二人して少々目を吊り上げています。

そして「まだ押し入れにあるんじゃない」
「今度行ったときに見つけてみようよ」と土器に執念を燃やし必死です。

しかしすべての事情を知る僕は「もう・・・ないんだ・・・」
「あの土器があればどんなによかったか」とさらにうなだれるのでした。

もちろんそれがひいひいひい・・・じいちゃんが使っていた可能性なんて
ないのかも知りませんが、もう一度そんな気持ちを抱きながら
土器を触って見たかったなと思いました。

あとはなんかスマホと一緒に並べてみたかったなとか、
飛行機に乗ることがあったらポケットに忍ばせて行きたかったなとか
土器と一緒にしたかったしょうもないことが次々に浮かんできます。

こんな風に土器が恋しくなって仕方なくなってしまったので
「やっぱりもう一度実家の押し入れを探してみよう」と
何とか気持ちを落ち着かせようとしているところです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2014/05/02 Fri. 21:43 [edit]

category: 絵本紹介

TB: 0    CM: 0

02

もうすぐおしょうがつ 

mousuguosyougatu.jpg


もうすぐお正月。

最近ではスーパーの広告やコンビニ、テレビのCMなんかで
季節感を感じるようになってきてしまいました。

でもこの西村繁男さんの絵本を開くとどこかなつかしいあの頃のお正月を
思い出しほんわかとして心を解きほぐしてくれるようです。

そしてこの絵本はぼくを空想の年末年始へと誘います。

場所はどこか雪深い山奥の奥さんの実家。
毎年、年末には愛車の4WD車で帰省しています。
なんせ山奥でやることと言ったら子供と雪遊びと読書。
そして近くにこんこんとわき出る源泉で温泉三昧。
だから帰省前には本をたくさん買って持っていきます。
これもすっかり年末の楽しみになっています。

そうやって雪に埋もれた真っ白の世界の中で家族みんなでゆっくりした時を過ごし
一年の疲れを癒しそして「う~ん」などとじっくり新しい一年の事を考える。

そしてすっかりリフレッシュした帰りの高速道路で無性に甘いものが食べたくなって
S.Aでソフトクリームでも食べつつ家に帰る。

お~なんてすばらしいんだろう。
この年末年始の過ごし方。

でも実際はもっと商業ベースの年末年始をすごしており
大型ショッピングモールなどへ足しげく赴きアイスなどを食べ
忘年会で酔っ払いふらふらになりつつ帰宅し
何とかシャワーを浴びて布団にもぐりこむ。
実家ではごちそうをいただき
酒に酔った頭で本などを開いても一行たりとも読むことができません。

もちろんなんの不満があるわけではありませんが
雪深い山奥で温泉&読書三昧。
いつかやっていたいなと思っています。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2014/01/11 Sat. 18:25 [edit]

category: 絵本紹介

TB: 0    CM: 0

11