記事一覧

絵本 読み聞かせ おすすめ 【 ここは 】 



ここは



ここは、ぼくのまんなかです。
ここは、おかあさんの ひざのうえです。
まちのまんなか でもあります。



ぼくはこの絵本をみて

ひとが生きていく

エネルギーの根っこの部分が

「まんなか」なのかなと感じました。


だからこの男の子の

根っこはおかあさんの

愛情なのかな。

sub2-1.jpg


おかあさんのひざの上から

通りを見てみれば

子どもたちが

友達と遊んでいます。

すこしづつ

子どもたちだけの世界が

ひろがっていきます。

男の子も

じきにだんだんと

外の世界に歩みだして

行くんだろうと思います。


そしてさらに視点は

地上を離れ

まち、地球、宇宙へと

ひろがっていきます。

大人になったとき

どんな世界で

活躍するか

わかりませんが

それは決して順風満帆では

なく雨がふり右往左往する

こともあるでしょう。


でも「ぼくのまんなか」、

根っこの部分にあれば

それをエネルギーにして

乗り越えて

いけるのではないでしょうか。



おかあさんのひざの上の

時間をエネルギーに

いざ外の世界へとびだそうと

応援したくなりました。














にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

大判焼メニュー

お電話でのご注文、ご予約承ります ☎042-555-5320

PR 広告