09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

<絵本と大判焼 トロフィー> 

ありそうでなかった鉄板の組み合わせ。絵本と大判焼のお店。ほっこりした時間をどうぞ。

つめたい大判焼 「ペンギン」 好評発売中!!

大判焼メニュー

お電話でのご注文、ご予約承ります ☎042-555-5320

PR 広告











絵本 読み聞かせ おすすめ 【せとうちたいこさん ふじさんのぼりタイ】 ふじさんとたいこさんがさらにすきになります。。 



せとうちたいこさん ふじさんのぼりタイ (せとうちたいこさんシリーズ)


『めでタイ! せとうちたいこさんシリーズ 25周年』
~やっぱり家族いっしょがいいね~ (出版社)

たいこさんの新作はふじさん。

「たいこさんの すむ うみから

ふじさんが とっても

きれいに みえます」

たいこさんのおすまいは

三保の松原、それとも神奈川沖?

いずれにしても

むかしからふじさんの絶景が

拝める場所ですので

たいこさんが

ふじさんに魅了されるのも

当然です。


そして

「なんでもやってみたいたいこさん」

「ふじさんとおともだちになりたーい」

とふじさんの頂上をめざします。


ふじさんとたいのめでたいコンビ

やはりそこに描かれる

風景は実にめでたく

ご来光に照らされる

ふじさんとたいこさんの

神々しさは日本人のこころに

ビシビシと響くことでしょう。


ぼくもふじさんに

一度のぼったことがあります。

20年近く前、今では考えられない

ご来光もへったくりもない

5時登山開始19時下山完了の

弾丸日帰り登山。


ようやく八合目に到着し

あともう一息だとすぐそこに見える

頂上を眺めたそのとき

人が豆粒のように

とりついているのが見え

これから先の険しさに

愕然として

ぼくは膝からくずれ落ち

ふじさんのすごさを

思い知らされたのでした。


そんな息も絶え絶えに

登ったふじさん

もう人生で登ることはないだろうと

決めていましたが

だいすきなたいこさんが

登ったとあれば

ちょっと登ってもいいかなと

思ってしまいました。

たいこさんが見たご来光を

ぼくも見てみたくなりました。












にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

Posted on 2020/10/11 Sun. 22:43 [edit]

category: 絵本式生活

TB: 0    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→https://trophybooks.jp/tb.php/155-a7653350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list