08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

<絵本と大判焼 トロフィー> 

ありそうでなかった鉄板の組み合わせ。絵本と大判焼のお店。ほっこりした時間をどうぞ。

つめたい大判焼 「ペンギン」 好評発売中!!

大判焼メニュー

お電話でのご注文、ご予約承ります ☎042-555-5320

PR 広告







絵本 読み聞かせ おすすめ きたむらさとし 【ストーン・エイジボーイ】 おうちで絵本たび 石器時代へのたび 



ストーン・エイジ・ボーイ―おおむかしへいったぼく

「ぼくが森の中を

歩いていると、とつぜん

かた足がすべって穴の中へ・・・。

そこで出会ったのは、

見たこともない服を着て

聞いたこともない言葉を話し

何もかも手づくりしている人たち。

いったい、ぼくは

どこに来てしまったのか!?」
(出版社紹介文)

もしタイムスリップできるとしたら

縄文時代にいって

土器を作ったり

食べ物を捕ったりしてみたいと

ずっと思っていたぼくには

すごくこころおどる絵本です。


ぼくは小学生のころ

「いなか」のうらやまを掘り

土器を見つけたことがありました。

あのときぼくは

「ストーン・エイジボーイ」に

すこし近づいていたのかもしれません。


だけど家に持ち帰った土器も

いつのまにかどこかへ

行ってしまいました。

おとなになって

あの土器をもう一度

手の中に収めてみたい

はるか昔の人の息吹を

感じてみたいと

思うことがあります。


そんなときは

「ストーン・エイジボーイ」をひらいて

おおむかしへのたびへでます。













にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

関連記事

Posted on 2020/09/06 Sun. 22:26 [edit]

category: 絵本紹介

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→https://trophybooks.jp/tb.php/135-5316fbac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list