07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

<絵本と大判焼 トロフィー> 

ありそうでなかった鉄板の組み合わせ。絵本と大判焼のお店。ほっこりした時間をどうぞ。

つめたい大判焼 「ペンギン」 好評発売中!!

大判焼メニュー

お電話でのご注文、ご予約承ります ☎042-555-5320

PR











おすすめ 絵本 【コドモエ2020年8月号】 ノラネコぐんだんケーキをたべる  



kodomoe(コドモエ) 2020年 8 月号(付録【1】別冊32P絵本「ノラネコぐんだん ケーキをたべる」(工藤ノリコ)【2】別冊24P絵本「パンダツアー」(のはなはるか)とじこみ付録 バーバパパ折り紙6枚セット

ノラネコぐんだん ケーキ

やつらがまたやらかす!

やらかしぐんだんの最新作!

今回8ぴきがのぞきこんでいる先は

ケーキ屋さん。

こんどはなにをやらかしてくれるのか

期待がもくもくふくらみます。

8ぴきがおいしそうなケーキをみて

「おいしそう」「たべたいね」って

くいしん坊目線で言うけど

「ケーキ、ああやってつくるんだ」と

つくり方にも興味しんしん。

ここがやつらのすごいところ。


とはいっても結局はやらかしちゃって

反省からつぐないへの流れに。

このつぐないが実に痛快。

めっちゃくちゃテキパキしごとしてる!

生地をやいて

クリームを泡立てて

フルーツを切ってもりつけ

ショートケーキに、シュークリーム

タルトに、エクレア

ロールケーキ

おいしそうなケーキが

次々できあがります。

そして接客もバッチリ

お客さんも大喜びの大活躍で

よかったよかった。


と、ここで終わらないのがいいところ。


「それでは わたしたちは 

これで しつれいします」


とさっさと帰ろうとする8ぴき。

このクールさがたまりません。


そしてシリーズものなので

毎回この印籠的なお言葉を

「待ってました!」と

期待してしまいます。




「ちょっとまちなさい 

まだしごとがのこっています」


やはりそんな簡単にかえして

もらえるはずはなく

さらなるしごとで大活躍!

やっぱりやつらから目が離せません。









にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/07/11 Sat. 00:04 [edit]

category: はたらく

TB: 0    CM: 0

11

【1日15分の読み聞かせが本当に頭のいい子を育てる】 ちいさな子どものいる方は必読! 



1日15分の読み聞かせが本当に頭のいい子を育てる


ぼくはこどもが中学に入るまで

毎日子どもと絵本をよんで

たのしみました。

そんなぼくがその通りだなと

実感することがこの本には

書かれています。

ぼくは絵本をよんだことが

なにか子どもに直接役立ったかは

はっきりわかりませんが

あの時、絵本をよんで共有した思いを

こどもがふと、どこかで

おもい出すことが

あればいいなと思います。


ちいさな子どもがいらっしゃる方は

ぜひよんでもらいたいです。

下に

本に書かれていることを

短く書いてみます。


本には絵本リストもありますので

ぜひ実際に本をひらいて

よんでみてください。



・現代は変化の激しい時代

・変化に対応するしなやかさを

 そなていることが大事

・新しいことに一歩を踏み出す

 勇気と判断力と

 協調性とコミュニケーション力は必須

・どんなに社会が変化しても

『自分の力を発揮して生きていける

明るく、たくましく、

世を渡っていける子』

=「本当に頭のいい子」をどう育てるか。

・その鍵は、

 幼児期の7年間をどう過ごすか。

・それは

 「毎日15分、絵本の読み聞かせ」

 をすること。

・読み聞かせは子どもを絵本の世界に

 導くためだけのものではない

・絵本の読み聞かせは

 親と子がいっしょに過ごす貴重な時間。

・絵本の世界を親子で共有する。

・こうした気持ちのつながりの確認が、

 子どもの生きる力を育てる

・誰かと確実につながってきた感触は

 幹となってそのあとの人生を支える

・共有した時間が長ければ長いほど

 絵本の世界で過ごした時間が長ければ

 長いほど、芯の強い

 どんな変化の時代にも強い人間が育つ












Posted on 2020/07/09 Thu. 23:14 [edit]

category: 絵本ガイドブック

TB: 0    CM: 0

09

おすすめ 絵本 【はちうえはぼくにまかせて】 少年よ、いい仕事してるぜ。 



はちうえはぼくにまかせて (世界こども図書館A)

ぼくのこどものころの

たいくつだったおもいで。


日曜日のひるすぎ

おもしろいテレビもなく

ひまをもてあまして

家のまえの空き地を自転車で

ふらふら。

そのとき電線にとまる

はとの

「ぽぽっぽー、ぽぽっぽー」

という鳴き声が

たいくつなけだるさに

さらに拍車をかけるのでした。


そんなとき

こんな絵本をよんだら

わくわく

しただろうなとおもいます。



「はちうえはぼくにまかせて」のトミーは

おとうさんの仕事が忙しくて

なつやすみにどこへも連れていって

もらえないかわりに

「なんでもすきなことをやっていい」

といわれて

なつやすみに旅行へいく近所のひとの

はちうえを預かる「しごと」を

はじめます。



それは

はちうえの世話がじょうずな

トミーがおもいついた

とてもわくわくすること

だったのでしょう。


はちうえを

いっしょうけんめいに

世話していると

どんどん大きくなっていきます。


そのときトミーは

単純によろこんでいたのではなく

大きくなりすぎることを

心配していたのでしょう

大きくなりすぎたはちうえが

家をこわす夢をみます。


そこで

植物の本を

かたっぱしから開いて

伸びすぎた枝を

切る方法を学び

切り落とした枝を

挿し木する方法も

知ります。


そして

預かった時よりも

すてきにして

旅行から帰ってきた

近所の人にかえして

お金をもらいます。

挿し木のちいさなはちうえは

こどもたちにあげて

おおよろこびされます。


こんなふうに

トミーが体験した

「ひとによろこんで

もらってうれしかった」

「問題をみつけて解決した」

ことはずっと記憶に残ります。

そして

将来、しごとのことを

考える時

かならず自分の軸になり

じぶんが進む方向を

示してくれることになります。



たいくつな時間を

たのしい時間にすることは

いまの世の中では

たくさんあります。


ぼくなんかすぐに

スマホで犬の動画とか

見ちゃいますが・・・


なんとか自分の力で

今の状況を変えようと

行動することが

大事だと

この絵本のトミーが

教えてくれていると思います。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ














Posted on 2020/07/01 Wed. 23:27 [edit]

category: はたらく

TB: 0    CM: 0

01

2020年7月 トロフィーカレンダー 【営業日のお知らせ】 



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ






Posted on 2020/06/26 Fri. 21:43 [edit]

category: カレンダー

TB: 0    CM: 0

26

【なぜ僕らは働くのか】3 仕事がうまくいく人の行動の特徴 



なぜ僕らは働くのか 君が幸せになるために考えてほしい大切なこと

「個人のキャリアの8割は予期せぬ偶然できまる」
クランボルツ



最近はキャリアプランという言葉を

よく見聞きすることがあります。

しかし

時代は大きく変わろうと

しており

変化が激しく先の見通し

が立ちにくいので

いくらプランをたてても

そのとおりに実現できる

可能性は低いです。




ではプランなんて

立てても仕方がない

ノープランでいけばいいのか。

しかしそんなこともなく

やはりある程度の

方向性というのは必要です。

でも

プランがしっかりしているほど

それ以外のチャンスを見逃してしまう

こともあります。

「え、なんで

しっかりプランを立てたのに」

って思いますが


旅行なんかで

計画にはなかった偶然見つけたことろが

すごく印象に残ってるなんて

ことがよくあるのと同じで

計画通りにすすむことだけを

考えて行動していると

他のことを

見逃してしまうことになってしまう

ということです。


チャンスは偶然に隠れているのです。


この本にも

「何年も先を想像したキャリアプランを

その通りに実現できる人は

あまりいません」

でも

「よい生き方・働き方ができる人は

いい偶然を自分の力でつかめる」

と書いてあります。


というわけで

偶然の出来事をチャンスにかえる

それは興味がある分野の

知識を多く持ち

将来を思い描き

そのための勉強をして

小さな変化に注意を向けて

行動すれば

偶然の出来事をつかまえる

確率を増やすことができる

それは偶然のようではあるけど

普段の自分の行動の結果であり

自分がチャンスをたぐりよせた

といっていいでしょう。


そんな偶然のチャンスを

たぐりよせるために

何事にも

好奇心をもって、

コツコツと続け

失敗をおそれず

いろいろな意見に耳を傾け

ときに楽観的に流れに身をまかせる。


偶然のチャンスに

よく運がいいといいますが

結局は自分の

こういった行動の結果なのです。


「宝くじを当てるためにはどうするか

それは宝くじを買うことだ。」




みなさんもまずは

この本をひらいてみてください。

それはすばらしい未来の偶然への

一歩になることまちがいなしです。














Posted on 2020/06/24 Wed. 22:58 [edit]

category: はたらく

TB: 0    CM: 0

24

【なぜ僕らは働くのか】2 好きなことから仕事を見つける 



なぜ僕らは働くのか 君が幸せになるために考えてほしい大切なこと

「好きなことから仕事を見つける」

好きなことを仕事にできたら

どんなにすばらしいか

と思います。

好きなんだから

いやなことをもなく

毎日たのしいはず。

と思ったのですが・・・


じつはぼくも好きなことから

仕事をみつけたことがありました。

ぼくはヒコーキが好きで

中学生のころ

空港へヒコーキを見にいって

ヒコーキの周りでちょこまか

働いている人たちの

存在に気がつきました。

あれはどういう仕事なんだろうと思い

調べてみて

グランドハンドリングという仕事が

あることを知り

もうこれしかない!

と力強くこぶしを握りしめたのでした。



それから数年後ぼくは

高校を卒業して

成田空港で貨物機に

貨物を積んだり降ろしたりする

グランドハンドリングの会社に就職して

ヒコーキのまわりを

ちょこまか動きまわって

あこがれの仕事をはじめたのでした。



どんな気持ちだったのでしょうか。

ヒコーキかっこいい!

っていつも思ってました。

マニアックで申し訳ないんですけど

貨物をすべて積み終わった

ヒコーキは

プッシュバックされたあと

エンジンの出力を上げて

誘導路を自走しだします。

この瞬間とか

めちゃくちゃかっこよくて・・・

だから

そういうところで働いていることが

うれしく、モチベーション

でもありました。

でも仕事なので

いつもいつも感動

しているわけにもいかず

だんだんとヒコーキを見ても

最初ほどの感動は

しないようになっていきました。



そしてぼくはいま

ちがう仕事をしているわけで

好きを仕事にしつづけることは

できませんでした。

好きを仕事にし続けることは

なかなか難しかったです。



では当時の空港でヒコーキを

見ている中学生のぼくに

この本に書いてあることを

ちょっと耳打ちしておこうと思います。


好きを仕事にするということが

もう少し幅広い視点で

見えてくるかもしれません。


まず、好きを仕事に

しなくてもいいじゃない

純粋に趣味として

ヒコーキを好きでいれば。

そして

「好き」の気持ちを活かせる仕事は

もっとたくさんあることも

知っておいて。


好きのまわりにある仕事を

いろいろと調べてみると


「この仕事、面白そう」と

思うものが見つかるかも


好きなことについて

なぜ好きなのか、どこが好きなのかと

深く考えていくと、

自分に向いている仕事が全然違う


ところにあることに

気づくことがあるかもよ




『あなたが好き、楽しい、

面白いと思うこと、

その理由を考えることが

あなたの未来の可能性を広げ

具体的にしてくれるのです』


好きなことから仕事をみつける

それはひとつではなく

たくさんあります。

いろいろ考えてみたら可能性は

無限に広がるのだと思います。











Posted on 2020/06/22 Mon. 23:35 [edit]

category: はたらく

TB: 0    CM: 0

22

【なぜ僕らは働くのか】1 自分の未来の考え方がわかる本だと思う。 



なぜ僕らは働くのか 君が幸せになるために考えてほしい大切なこと

「働くことの意味」

「生活にかかるお金」

「AI時代の働き方」

「勉強することの意味」

「やりたいことの見つけ方」

「後悔しない生き方」

君に伝えたいことがたくさんある。

(帯より)

今は時代の転換期の真最中

これからは今までとは全く違う時代に

なっていくと言っているものを

ぼくはよく見聞きして

すこしのわくわく感と

こわいなーという思いを感じています。

それはずーと前時代的の

生き方をしてきて

ニュースとかで

これからは終身雇用も

なくなりますからね~

とかいわれると

どうしたらいいか

もしそうなったらどうしよう

じぶんは何ができるのか

と少々後ずさり気味になります。

まして45歳のぼくなんて

逃げ切り世代でもないし

最低でも

70歳までは働かないと

年金出ないことは確実だし

だからこれからまだまだ

四半世紀以上働かなければ

いけません。

そうなるとお金のためだけで

おもしろみがないとか

(まぁ最後はお金だと思うんですけど・・・)

モチベーションないとか

だと年を追うごとに

だんだんつらくなるのかなと

うすうす考えては

スマホで犬の動画をみたりしています。


でもどうすればいいか

かわいい犬の動画に癒されながらも

やっぱり考えていかなくてはいけません。




こどもも

これからの時代

こどものころから将来について

よく考えなければいけないなと

それはいつの時代も考えたほうが

いいのだろうけど

今までは

ある程度人生のレールが敷かれていて

なんとかなる部分があったけど

これからはとくに

フリーウェイって感じで

自分の選択がより大事に

なっていくんじゃないかなと

思います。

そんなとき

こどもたちにとって

将来、とくに働くことについて

どんなふうに考えたらいいのか

ひとつの考え方を

教えてくれるのが

この本ではないかと思います。


ぼくはキャリアコンサルタント

でもあります。

キャリアコンサルタントは

働くことを中心に相談とかにのる人で

相談の時にお話を

聞いたりすることの中には

この本に書かれているような

人生や夢、お金、

好きなこと、得意なこと

長所、考え方、コミュニケーションとか

そういったことを

いっしょに振り返ったり、

整理したりします。


だからこの本をよんで

考えたり、知ったりすることって

とっても大事なことだと思います。


よく将来どんな仕事がしたいか

と考えるのに

好きなことを仕事にするというのが

ありますが

それはすばらしいことですが

そのほかの考え方もこの本には

たくさんのっているので

よめば考え方の幅がひろがります。

ぜひページをめくって

自分のたのしい未来を

想像してみてください。

もちろんすでに働いている

大人の方にもおすすめです。










にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/06/20 Sat. 16:44 [edit]

category: はたらく

TB: 0    CM: 0

20

【絵本よみきかせ】 絵本式生活のすすめ  絵本で親子の共通のおもいでづくり 








こどもとえほんをよんで

料理をつくってみたり

えほん片手にもって

電車に乗りに行ったり

絵本作家さんは

イベントや原画展を

開催する

ことがあるので

実際におはなしできる

機会が

あるかもしれません。

こんな感じで

えほんを通して

いろんなことが

できたらたのしいなと

思います。


ぼくはもうこどもと

いっしょにえほんをよむ

ことはなくなりました。

でもむずかしい年ごろになった

こどもとは

今もなかがいいです。

それは小さいころ

えほんをいっしょに

たのしんだことと

無関係ではないとおもいます。


ぼくはえほんをたのしむ生活を

ひそかに

「絵本式生活」とよんでいます。

みなさんもぜひ

「絵本式生活」をたのしみませんか。










============================================================

 知育玩具のサブスクリプションサービス【トイサブ!】

============================================================

・0~4歳のお子様向けに!

・最適な知育玩具をプロが選定!

・気に入ったおもちゃはお得な価格での「買取」も可能!

・TVCMも放送中!

============================================================

公式サイトはこちら


============================================================


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/06/17 Wed. 22:20 [edit]

category: パパも絵本を読もう

TB: 0    CM: 0

17

【絵本よみきかせ】 パパにおすすめのえほん 










ゴリラのおとうちゃん

「なあ おとうちゃん、あそんで~や」と

こどもが

おひるねをしている

おとうさんのところに

やってきます。

おとうちゃんは

「しゃーないなー」といいながら

こどもを

ぐいんぐいんと

からだにのせて

あそんでくれるのです。

とうぜん

こどもはおおよろこび。





ほんとこどもって

「やれやれ」と

ひといきついた

その瞬間に

「あそぼ~」って

やってくるんですよね。

「せっかく、くつろごうとおもったのに~」

っておもってしまいます。

そんなときぼくは

テンション上げて

あそぶために

なぜか関西弁に

なるんですけど

このえほんが

まさにそうで関西弁。

見られてたかな?

とおもったほどでした。


なにはともあれ

えほんをよんで

そのあとは

ごりらとうちゃんの

「おとうちゃんひこうき」とか

たのしいわざを

じっさいに

やってあげたら・・・・・

たのしいに決まってます!!

パパならではのえほんで

こどもといっしょにたのしみましょう!!!









にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

Posted on 2020/06/15 Mon. 23:05 [edit]

category: パパも絵本を読もう

TB: 0    CM: 0

15

【絵本よみきかせ】 ぼくとこどものえほんのおもいで3 

ehonre5-1.png




こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)


こんはぬいぐるみなんだけど

あきを

おばあちゃんがすむ

砂丘のあるまちへ

でんしゃにのせて

つれてってくれます。

途中いろいろなトラブルに

みまわれて

ハラハラするけど

こんは

「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と

いつでも心強くてたのもしい。

我が家でもよく

こんをまねして

なにかちょっとした

ピンチの時は

「だいじょうぶ だいじょうぶ」と

言いあいました。

いまになってこういうのが

すごく楽しかったなぁと

しみじみおもいます。




すてきな三にんぐみ

「あらわれでたのは

くろマントに、くろいぼうしの

さんにんぐみ

それはそれはこわーい

どろぼうさまの

おでかけだ」

こうしてはじまる

ダーク調のすこしあやしい

雰囲気のえほんですが

そのなかで

黄色で描かれる部分に

なんだかやさしさや安心感を

感じます。

よむときはすこしトーンを

おとした声で

よむといいとおもうので

パパにはもってこいだとおもいます。


まちには いろんな かおが いて

よんだらさっそくご近所に

かおさがしにいこう!

きっといろんなかおがまっているはず!!






にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


Posted on 2020/06/14 Sun. 22:41 [edit]

category: パパも絵本を読もう

TB: 0    CM: 0

14